「頑張る」ではなく「頑張り抜くか」が大切

11月23日は勤労感謝の日。1948年(昭和23年)に制定されたこの祝日は、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としています。古くより農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があったことから、その勤労に国民全てで感謝しあおうといった意が込められています。

たがいの生産(ビジネス)を祝い、互いに感謝しあうこと。それはまさにBNI!世間では祭日ですが、我々は本日も力強い活動を行います。

15215849_1852321475055005_753761171_o

その特別な日に相応しく、本日は他メンバーのプレゼンテーションを行う「他者紹介」が実施されました。

入会1ヶ月足らずの脇田さんのカテゴリーは行政書士。脇田さんのプレゼンテーションを行うのは生花の日野さんです。通常では全く業界の異なる二人ですが、たがいのプレゼンテーションを行うために二人でミーティングを行い、どのような内容を伝えれば相手のビジネスに繋がる紹介が得られるのかを考えます。

自分1人では思いつかない側面からのアドバイスは、以降の自身のプレゼンテーション内容にも繋がる素晴らしいきっかけとなります。相手の事を真剣に考えるからこそなせるワザであり、BNIの仕組み以外では考えもよらないのではないでしょうか?

15152505_1852321441721675_2076338495_o

先週の定例会以降、メンバーが持ち込んだビジネスの紹介と人脈の紹介は84件にもおよびます。現在のメンバー数は38名ですので、一人あたりの平均として一週間に2件の紹介を受けとっている事になります。単に紹介するだけにとどまらず、一週間で実際にビジネスの取り交わしがされた金額は約400万円。平均として一人あたり10万円の売上があったという計算になります。

15215981_1852321451721674_924375202_o

本日の定例会では、生命保険の佐々木さんから、リサイクル業の勇さんに推薦状が贈られました。お母様を亡くされた佐々木さんが遺品の整理を依頼したところ、内容はもちろんのこと価格面においても非常に良心的な対応をされたことに、ご親族の皆さんからも感謝の声が絶えなかったそうです。

このように私達はBNIメンバーとしての誇りと責任を持ち、自身を持って推薦して頂けるような仕事ぶりを約束し合っています。つまり、我々が紹介するビジネスに「低品質」は皆無なのです。

15182497_1852321438388342_188263170_o

本日のメインプレゼンテーションスピーカーは、京橋にスタジオを持たれるカメラマンの岡田さん。

BNIへ入会後、ほどなくして独立された岡田さんは常に「周りのメンバーに支えられたおかげ」と話されますが、岡田さんが周りのメンバーを支えた結果が自分自身に返ってきているだけのこと。岡田さんが愛してやまない自由人の高橋歩氏の言葉にある「頑張り抜く」ことの大切さがしっかりとメンバーに届きました。

我々が取り組むBNIの仕組みは、お互いの大事な人脈に働きかけそれらの方々のお役に立つというものです。当然ではありますが、ご紹介いただいた人脈には最高の力を持って接します。これがビジネスとなり、サービスを提供する私達はもちろん、ご利用いただいたクライアント双方の満足となります。

人が喜ぶ仕事がしたいという経営者のみなさん!一度私達の定例会にご参加いただき、その素晴らしさを実感して下さい。

ビジター参加お申し込みはこちら

参加申込み頂いた方はこちら


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。